【概要】
睡眠に悩みを抱えている「眠れないカラダ」の現代人が増えています。
寝具特に枕や睡眠時間に原因があると言われています。
理学療法士として世の中を見ると「眠れないカラダ」の人が増えています。

日中のパフォーマンスは睡眠の質で決まります。

昼間の過ごし方、昼間の姿勢や動き方が夜の睡眠にも直結します。

ハイパフォーマーは
良質な睡眠(夜)⇒高いパフォーマンス(日中)⇒良質な睡眠(夜)」という好循環ができています。

出勤はしているものの、病気やけがによって生産性が落ちている状態プレゼンティーイズムと言います。

心身ともに健康であれば発揮できる能力を100とすると、不調や病気、けがによって8割しか発揮できなくなると、2割生産性が落ちるということになります。

この図からもわかる通り、健康関連コストの6割以上をしめているのが「プレゼンティーイズム」
いかに従業員の健康が企業にとって大切かわかります。

 

睡眠の大切さと日中の姿勢や動きを変えて最高の睡眠を得て、社員は最高のパフォーマンスを発揮して結果につなげさらに、やる気と仕事の面白さを味わいましょ。そして結果、企業の利益UPの収益UPにつながり、より楽しい未来を進んでいきましょう。

 

(カラダ、姿勢、運動と睡眠の関係を解説します。この機会に眠りの悩みを解決して、 豊かな発想力、的確な判断力を手に入れましょう。)

■お伝えしたいこと!

”睡眠を制するものは仕事を世界制する!”

だから、軽視しては行けない!

 

【眠れていない人の特徴】
こんな人はいませんか?

・イライラして八つ当たりする
・何だかイライラする
・仕事のアイデアが浮かばない
・凡ミスを繰り返して残業が多くなる
・午前中ボーとして他人に比べて仕事が遅い
・会議の内容が頭に入らず、居眠りをしてしまったことがある
・プレッシャーで夜眠れず大事な時に力を発揮できなかった
・疲れがとれない、1日中ダルい
・頭の回転が思うようにならない
・仕事で単純ミスが多い
・午後になると集中力が落ちる
・忘れ物が多い
・抜け毛、シミ、シワが増えた
・見た目より老けて見られる
・食事制限し、運動をしても全然痩せない

https://www.lifehacker.jp/2015/10/151023_sleep_diet.html
・食欲が止まらない⇒ホルモンの影響
・ネガディブなことばがり考える⇒メンタル
・いびきをかく ⇒睡眠時無呼吸症候群、CPAP

 

こういう人は必ず
どこか「痛い」なんとなく「不調」を持っています。

上記の訴えがある人は100%熟睡できていません。

 

■世界一「睡眠偏差値」が低い国・日本

フランスの平均睡眠時間は8.7時間
アメリカの平均睡眠時間は7.5時間
日本の平均睡眠時間は6.5時間

■労働生産性の国際比較2018

https://www.jpc-net.jp/research/detail/002746.html

日本の労働生産性は、「1人当り」と「時間当たり」共に先進7カ国中の最下位という状態が20年以上続いています。

週末の寝溜めでは解消しません!!

 

■睡眠の基礎知識

* 睡眠の役割

眠りの種類 ~レムとノンレム~

若者と高齢者の睡眠の変化(今回はやらないけど変わってくるよ)

 

■睡眠不足が引き起こした事故例

https://forbesjapan.com/articles/detail/23389

あのチェルノブイリも? 「たかが睡眠不足」が大事故を引き起こす

*自覚なき「かくれ不眠」が仕事のミスを激増させる

https://diamond.jp/articles/-/137413

 

どうして眠れなくなるの?

◯生活リズム⇒自立神経

◯疲れの放置⇒脳・体の疲労

◯現代社会が自然の生活の崩壊

■眠れると何が仕事と直結するの?

企業:睡眠改善は生産性向上につながり、利益につながる!
不要な医療費等の費用削減

社員:豊かな発想力、的確な判断力が手に入り最高のパフォーマンスで仕事が出来る
見た目がUPし、信頼が増すので成績が上がる
モテる♡

 

【眠れるようにするには】(ワーク)

■ 良い睡眠を取るための5つの週間

1. 就寝時間をきちんと守る

⇒働き方改革にも関係する

2. お昼の仮眠

2. スクリーンのブルーライトを見ない

3. お風呂につかる

4. 就寝前のルーティンをつくる

5. 定期的に運動する(ワーク)

6. 寝返り(ワーク)

 

■実際に自分の生活に組み込むために

 

■振り返り