【管理職・営業】(A⇒Bのができたら合格)
自社のベネフィット(価値)を正しく伝えて売上UP!
【概要】
御社の新しいサービスや自社の商品の良さをきちんと相手に理解してもらえていますか?

日本では景気低迷により「モノが売れない」と言われています。
商品が売れないと、多くの人は営業とマーケティングを見直します。
認知度が上がれば売れるはず、もっと販路が広まれば、もっとオススメすれば、もっとSEO対策をすれば…。

しかし、これでは相手が商品やサービスを選んでもらえないのはもう経験から私達は知っています。
自社の価値である商品やサービスが正しく相手に伝わり理解されているからだと私は思います。
分かり易く相手に伝えることは、才能ではなく“カイゼン”できるスキルです。それはズバリ「変化」を伝えること!

理学療法士である私がこの「変化」を伝えることにより商業出版での本の出版が短期間で複数の出版ができました。
この正しく相手に伝えて売上UPの法則をお伝えします。

【NGな人の伝え方】
①自社製品のスペックを語る⇒タウリン1000ミリグラム現象
※タウリン:アミノ酸の1種。血圧・コレステロール値の降下に有効とされる。
ライザップ(価値と景色の2つが上手に表現されている)
②専門用語で伝える
③なんとなく伝えている⇒英語の言葉は注意!!
ミスター長島の話

【OKな人の特徴】
①変化を伝えている
②ビフォー・アフターがわかる
③わかりやすい言葉で表現できている

【NG⇒OKにするためのルール】
・誰に(何を見ている?)
・どの視点で(何を基準に考えている?)
・どんな変化を与えるかを考える。

【変化を伝える】(ワーク
・A⇒Bの変化を伝える
例を練習⇒実際に自分達で考える⇒隣の人(人数が多ければ複数)で実際に変化を伝えあってみる⇒治す⇒伝える⇒治す⇒伝えるを繰り返す

ポイント
忘れないためにはどうすれば良いか?
・初めになにをするか言う
・違う概念で説明する
・講義を聞いてまとめる時間を作る
・時間がたってからもう一度言ってもらう
・最後にテストする
・1人でまとめて⇒グループでまとめる
・エピソードと共に話す
・体を動かしながら覚える