ビジョンを実現するために。

コンディションが悪いと、人は自分を律することが出来なくなります。

✅ 最近疲れを感じるようになった

✅ 体力の低下を感じるようになった

✅ イライラする事が多くなった

✅ 集中力が続かなくなった

✅ 朝起きても疲れが抜けなくなった

✅ 夜眠りたいのに眠れない

✅ 判断に迷うことが多くなった

✅ やる気が空回りすることがある

1つでもチェックが入った経営者の方は、ぜひ最後までお読みください。

 

経営者は、課題や進むべき方針を冷静かつ客観的に分析して判断していかなければなりません。
経営者の決断は、会社組織全体に影響し、ときに事業の失敗や組織の壊滅につながります。

社長の不調は、意思決定力や思考能力の低下につながり、パフォーマンスの低下につながります。
さらに、イライラから社員にの話を冷静に聞く事ができない、余裕を失いついキツく当たってしまうなど、人間関係の問題にもなりかねません。

その結果、適切な判断ができずに事業の成長が妨げられます。

経営者の不調は、事業の損失や組織全体の不調につながる

中小企業やベンチャー企業の場合は、その規模感やスピード感特有の決断を迫られることが多々あります。
どんな場面でも、冷静かつ客観的に分析して、決断を下さなければなりません。

さらに経営者自身がプロダクトを作りながらマネジメントもする……といった、対応力や器用さも求められます。

しかし、

経営者自身の心身が整っておらず、意思決定力や思考力が低下してる状態では、まともな判断ができません。
経営者がこのような状態だと、どこに行くのかもわからない飛行機を操縦しているのと同じです。
行き先不明の飛行機では、社員もいつ墜落するかわからず不安になり、社内の雰囲気にも悪影響を及ぼします。

自己管理として日々意識すべきは「睡眠」と「思考」

自己管理をする上で、欠かせないのが「食事」「運動」「睡眠」の3つ。
ですが、その中でもパフォーマンスに直結するのが「睡眠」です。

食事と運動は、基準がわかりやすく、取り組みやすい。
しかし、睡眠は、個人の感覚によるところが大きく、慣れも生じてわかりにくいのです。
だから、「自分は大丈夫」となりやすい。

眠れないと脳の機能も低下し、肉体的、精神的に悪影響を及ぼします。

 

「仕事が忙しいから睡眠時間を削らないと無理・・・」と考える経営者の方がいるかもしれません。

しかし、睡眠は生産性を向上させるためには必須の項目です。
日々思考をクリアに保ち、冷静な判断を下すためには、睡眠は軽視できないのです。

経営者こそ最高のパフォーマンスを発揮するためには、睡眠は投資と考えて、眠りを軽視してはいけないのです。

日々の変化を感じ、昨日と比べて、「今日はなんだか調子が悪い」と感じた時、パフォーマンスが下がらないことが大切です。
パフォーマンスを上げることも大切ですが、パフォーマンスを下げないことはもっと大切です。
すぐにリカバリーするための手段を身につけることは経営者として、・・と同じくらい大切なことなのです。

思考は行動にも現れ、仕事の質に直結します

また、日々の体調や自分の感情、考え方のクセを知る事も大切です。
思考は動きや様々な選択に大きな影響を与えます。

思考に余裕がないと、夜、眠れない問題にも直結します。
ストレスと上手に付き合うためにも、感情や考え方はとても大切です。

睡眠と考え方。関係ないと思われがちなこの2つは実は、両輪なのです。

孤独な経営者が、プレッシャーに推しつぶさないためにも、考え方は非常に重要になってきます。

成功者は、必ず睡眠を重視しています。

元アメリア大統領のオバマは、夜の1時には就寝、朝7時に起床するの6時間睡眠を欠かさないそうです。どんなに公務が夜中になっても、朝7時には起床すると決めているそうです。これは、良い眠りを手にするためにも必須な行動です。

テスラモーターズの会長兼CEOのイーロン・マスク氏は、眠る6時間前からカフェインを摂らないと決めているそうです。そして、夜中の午前1時から朝7時までの6時間の睡眠を基本としているそうです。 超多忙なビジネスマンですが、睡眠時間を確保することは、ビジネススキルと言っても過言ではありません。

Apple社CEOのティム・クック氏は、21時半には就寝し、朝4時半に起きる7時間睡眠を実行しているそうです。毎朝4時半に起床し、部下へのメールを送り、それから、ジムで体を動かすことが習慣なのだそうです。早朝は、集中して仕事をするにもぴったりな時間です。

 

成功者は、睡眠の重要性を心得ており、眠ることで、パフォーマンスが最大に発揮されることを知っているのです。

経営者のパフォーマンスを最大限に引き出して、より未来へ羽ばたくために

経営者の不調を睡眠から改善します。

眠ることで、身体の疲労を回復するだけでなく、脳の疲労を解消し、 ホルモンなどの内分泌系のリズムを整えることができます。また、眠ることで、ストレスの解消にもつながります。

さらに、睡眠には覚醒時の体験を整理し、記憶として脳に定着させる働きがあり、 質の良い睡眠のリズムを作ることで、不要な感情や体験を取り除き、記憶能力を十分に生かすことにつながります。

眠ることが、日々の意思決定やストレスに打ち勝ち、 経営者としてより質の高いパフォーマンスを発揮することにつながるのです。
睡眠は、生命を支えるシステムの1つでもあり、仕事をする上では必ず味方につけなければならない武器なのです。

体から睡眠にアプローチする方法をはじめ、自分で体を変化させるオリジナルメソッドを軸に、睡眠に関する知識や学び、思考についてもお伝えします。

※経営者の方を対象としております。
※基本的に月2回、半年単位でのご契約となります
※オフラインとオンラインどちらも可能です。お話をお伺いしながら決定します。

 

眠ることこそ最強の武器であり、
経営者にとっての解決策なのです。

 

自分の事だ!と思った経営者の方は、説明会の希望日時を3つほどお書きの上、現在のお悩みも簡単に添えて、お問い合わせください。

説明会をさせて頂きます。

    受付時間:土日・祝日を除く平日:10:00~16:00 
    お問合せ日時から、2営業日内にメールを送信しております。予めご了承下さい。
    内容が複雑な場合は別途日数を頂く事がございます。

    ●「返信メールが届かない」お客様

    迷惑メール防止機能により当社からのメールが迷惑メールと間違えられ、
    受信画面に出てこない場合があります。一度ご確認頂きますようお願い致します。

    返信メールが届いていない場合はお手数ですが〈aya@yazama-aya.com〉へご連絡ください。