分子栄養学ってすごい!と思いました。

友人のまごめさんのセミナーを受講してきました。
(10月のフェイスブック記事のリライトです)

 

病院勤務の時から思っていたのですが、健康診断では「健康」って言われているけど「健康」じゃない感じの人多いなぁ〜って思っていました。

最近も「検査してきて!」って本気でお願いした友人は「大丈夫だったよぉ〜」って。。。

心の中で「本当ですか??????」と叫んでいました。

 


この検査の幅って絶対危険と思っていて、その疑問を解決してくれたのが友人のまごめさんでした。

この友人の話をしたら、「やっぱりね。」っていうお話を沢山聞きました。

 


私がまごめさんの説明の「良い」と思うポインは、「数値」ベースで話をすること。

数値の相関関係を理論で話すところがとてもよても良いと思いました。

数値でわかるから、なんとなく”これ”ではなく、「これだ!」と自分の足りない栄養がわかります。

体のプロ達はその人をみればどんな人か、どういう性格かわかるのですが、まごめさんも数値をみるとその人の性格までわかるそうです。

 

健康になることは、「自分の人生と向き合うこと」彼女の言葉で印象的だった言葉です。

健康は失ってから初めて大切さを知る1つだと思います。

私はそういう人をたくさん見てきました。そういう人を見るのは、もうたくさんです。

1人でも多くの人に健康で元気でいつも笑顔で何か楽しそうに色々挑戦して欲しいと思っています。

 

まごめさんの分子栄養学「ビタミンアカデミー」のHPは⇓⇓

https://vitaminj.tokyo/