現代の睡眠問題 その1

雨の中しっとり「いい女」気取りでコラム書いてます。

こんにちは
睡眠bodyコンサルタントの矢間あやです。

さて、

先日「睡眠」は今お金になる話題だから戦略立てて〜(以下省略)とSNSで言われ営業されてちょっと悲しくなりました。

私は「理学療法士」というリハビリの先生です。

だから体の事にちょっとだけ詳しい人です。

特に、動作や姿勢から体を診るのが得意。

 

 

不調の体を引きずってグレーな毎日を過ごすより、その人の持つ魅力色をとことん発揮してハッピーに人生を謳歌して欲しいと思っています。

 

 

 

現在の日本が抱える「睡眠」の問題は大きく分けて2つ。

1つは便利と引き換えに動かなくなった社会の弊害。

そしてもう1つは24時間型社会の出現です。

 

人間の体は動くように出来ています。
しかし、現代の社会は便利と引き換えに動かない生活を手に入れ、それにより不調を手に入れてしまいました。

これは、整形外科疾患(腰が痛いとかね)だけでなく、生活習慣病や鬱や睡眠障害も同じ線上に位置していると思っています。

「オールディーズ3丁目の夕日」という映画ご存知ですが?
これより前の時代に社会問題としての「睡眠」問題はありませんでした。

体の調子が良い時は、
仕事もはかどるし、
集中力もあるし、
アイデアも出るし、
心も安定してるから笑顔も出るし、
好き好きオーラもでているはずです。

こう言うと、
運動すれば良いのかぁ〜と、いきなり激しいトレーニングをする方がいらっしゃります。
まず、この考え方がNG。

そして激しいトレーニングはもっとNG。

体からの不調信号をしっかり受けとめて、常に良い状態でいる。
そのための方法や考え方や実践方法を見に付けて自分の人生を生きてもらいたなぁ〜と思います。

ウンチクはいいから方法は?

これはまた今度(笑

投稿者プロフィール

矢間あや
矢間あや
睡眠Bodyコンサルタント、理学療法士、著者

詳しいプロフィールはこちら