疲れが抜けない!それ歳のせいではなく○○の問題です!

最近

✔寝ても疲れがとれない!

✔動きが鈍くなった!

それ、もう歳だからだと思っていませんか?

実は、歳のせいではなく、姿勢や動きのクセからくるものだとしたらちょっとビックリですよね。

もし、自分が思う正しい姿勢をとったうえで

  • 猫背の方が楽
  • あっちこっち力が入って動きにくい
  • 呼吸が出来ない・・・・

これらに1つでもあてはまったら、それは正しい姿勢ではありません。

本来の正しい姿勢とは、体の上にバランスよく頭が位置するため、本来使わなくてよい筋肉が頑張るのではなく最低限の力でバランスをとることが出来るのです。

丁度ダルマ落としのようにカラダが積み上がっているだけ。

本来正しい姿勢でいると、力で支えるのではないので、力が抜けてリラックスする事が出来ているはずなのです。

そして、昼間の姿勢が良くないと、眠りにも当然影響が出てきます。

正しい姿勢ではない!ということは、無意識に力が入っていて、眠る時も力が入っているということ。

本来リラックスしているはずの眠る時に無意識に力が入っていれば、当然睡眠の質が下がり、寝ても疲れがとれない!という状況がおこります。

そのために習慣にしてもらいたいのが「ゴロ寝リセット」

2020年1月に読売カルチャーセンターさまで特別講習を実施します。

詳細、お申し込みは⇓⇓までお願いします。

https://www.ync.ne.jp/kanamachi/kouza/202001-18110900.htm