正しい姿勢が良質な睡眠につながる

突然ですが自分が思う”正しい姿勢”をとてみてください!

もし

  • 1分ももたずに姿勢が崩れる
  • 猫背の方が楽
  • あっちこっち力が入って動きにくい
  • 呼吸が出来ない・・・・

どれか1つでもあてはまるならそれは正しい姿勢が取れていないという証拠です。

 

本来正しい姿勢というのはダルマ落としのように足部の上に骨盤、

骨盤の上に胴体、

胴体の上に頭がバランス良く乗っかっているだけで、

力を必要としません。

 

なので、上記のように意識的に力を入れる姿勢は正しい姿勢とは言いません。

猫背になると、頭が前の方にでてきて背中が丸くなってきます。

頭の重さは体重の約10%程。

50Kgの人は約5Kg。

猫背になると、その重たい頭が前にせり出るため、筋肉で支えないと頭がその位置にとどまれません。

本来、その仕事をしないはずの筋肉達は、支えるために労働し、疲労して痛みにもつながってきます。

正しい姿勢でいるという事は、各部位がバランスよく位置するため、力はほぼ必要なく、力が抜けていてリラックスしていると言えます。

姿勢が良いと呼吸もしやすくなりますしね。

良い姿勢とは力が抜けてリラックスできている状態なので、良質な睡眠も取りやすくなります。

良い眠りのためにも”姿勢”はとても大切なのです。

良質な睡眠をとるためにオススメな方法は

私の著書『カラダをゆるめて最高の睡眠を手に入れる』の中にあるゴロ寝リセットがオススメ。

1日5分、ブランケットロールにゴロリと横になるだけ!

まずは、初めてみてくださいね。