睡眠と人間という動物について

最近、「睡眠」のお悩みや、それにまつわる「疲労」のお悩みをよく耳にします。

私もよくお悩みをお伺いしますが、そもそも、あなたの不調の原因はなにか?ということをしっかり理解しないと、「睡眠」のお悩みも解決しないと思います。

まず、以前にも書きましたが、私達は太古の昔からカラダはほぼ進化していません

人間のカラダは「動く」ようにプログラミングされています。しかし、現代の便利な生活は、カラダを動かさないように設計されています。

たとえば

エスカレーターと階段があった場合、どちらを選びますか?

多分多くの人がエスカレーターを選択されると思います。

 

また、人間は偉そうにしていますが、自然の一部です動物です。
最近は、これを忘れるから不調で苦しむのだと私は思っています。

人間は朝太陽が出たら活動して夜眠るようにプログラミングされています。

そして、お腹がすくから、ご飯を探して(作って)食べる。

この当たり前のことを忘れているのだと思います。

現代の生活では夜になっても明るく、インターネットやスマートフォンの出現で、頭をフル回転させています。

お腹がすいていなくても、時間になったら、とりあえず食べる。

日常生活はほぼ動かない生活。。。。

これで、不調なく、快適な人を作れ!と言われてもムリがあると思います。

 

ではどうすれば良いのか?

まず、知ること。そして、考える軸を持つこと

世の中の過激な広告のうたい文句ではなく、本当の本質を自分で理解すること。

この考える軸がとても大切だと思います。

誰かのいいなりではなく、自分の頭で考えて、そしてそれを選択していく。

そのためにも、質の良い睡眠をとって、考える頭を持ちましょ。

 

 

 

 

最新情報をいち早く配信します。
ぜひ登録して情報をGetしてくださいね。

友だち追加

 

投稿者プロフィール

矢間あや
矢間あや
睡眠Bodyコンサルタント、理学療法士、著者

詳しいプロフィールはこちら