企業での講演 やっと前に進み出す@安全大会

私が病院を辞める!と言ったら、

患者さんや知人は、「サロンや治療院を開く」と思ったらしく、

お願い!と言われていました。

しかし、私は病院を辞めてサロンを開くのだけはやらない!と決めていました。

サロン開くなら、病院勤務でも同じだと思っていました。

(もちろん、制約や色々ありますが)

 

 

私が病院勤務で、改善しないといけない!と思ったことの1つに、

いくら病院で「改善」しても、結局、本人の日々のケアや生活習慣の積み重ねが改善しない限り、また、病院に戻ってくるという悪循環を目の当たりにした時でした。

ならば、私の方から出向けば良いじゃん!!と講演をしたいと考えたのが大きな理由でした。

特に、男性は、痛みや不調がひどくならないと、まわりに言わず、それが手遅れになることもありました。

私の1つの目標が「企業」に出向いて講演をする!ということです。

いや〜泥臭くいっぱい営業しました。

そして、やっと昨日、その第一歩を踏み出しました!

が!

私の講演の価値(私の話を聞いたら結果聞いた人が得られるメリット)は、睡眠をはじめ「健康」のことを、リハビリの患者さんを通じて、また、様々な疾患の患者様を通して、そこで起こった出来事を踏まえて、「自分ごと」としてお伝えできるということ。

  • 1メートルちょっとの所から足を踏み外して落ちて脊髄損傷になり麻痺になった職人さん
  • 小学生低学年のお子様がいらっしゃる脳梗塞で倒れたビジネスマン
  • タバコの吸いすぎでCOPDになり、日常生活が命がけになった元編集マン
  • いつもダルく疲れが抜けないと思ったら実は病気だったOLさん

こういったお話を交えて、さらに、その場で痛みや不調(特に肩こりや腰痛などや睡眠に関して)はだいたい見れば改善のポイントをお伝え出来るのがメリット!

なのに。。。。

焦った私は、その質疑応答をすっ飛ばすという。。。。><

終了後、アンケートを頂き、とても心温まるお言葉を沢山頂戴したとともに、最近眠れない、や腰痛のお悩みが沢山書かれていたのを見て、大変申し訳ないと感じました。

さぁ〜新しいチャレンジに向けてどんどん歩みを進めていきます。

矢間への講演依頼等ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします。
詳しくはこちら

【講演・研修】企業・団体向け

※講演してると写真とれない。。。。

投稿者プロフィール

矢間あや
矢間あや
睡眠Bodyコンサルタント、理学療法士、著者

詳しいプロフィールはこちら