睡眠と腰痛とメンタルは同じ問題上にある場合があります

長引く腰痛は「脳の働き低下」という科学的研究

ストレスやうつ、不安が引き起こす

https://president.jp/articles/-/30884
を読んで。

 

こんにちは。
睡眠bodyコンサルタントの矢間あやです。

 

腰痛の原因は、実際には様々で、複数の原因が重なっていることも少なくないのですが、大きく分けると、

①腰の骨や筋肉などに異常がある場合

②ほかの病気などによって生じている場合

③心因性など非器質性の場合

の3種類があります。

①と②のはすぐにお医者さんに行ってください。

で、③ですが

これね。結構いっぱいいます。

私が実際に理学療法士として担当していた患者さんの1/3は多分これ。

あきらかにメンタル系と初めから分かる人もいます。

医師から「よくわからないから、リハ回すね〜」とよく回ってきました(笑

実際にあった話ですが、膝が痛くて歩けなく患者さんが、たっぷりお話だけ聞いたら、痛みがなくなり、普通に歩いて帰ったという人がいました。

で、これ珍しくありません。

もう、現場レベルでは「ここ整形外科だよね??」って思う程。

特に女性に多い気がしますが、私の勝手な判断で言うと、男性が少ないのではなく、男性は本当にヤバい!レベルにならないと、表に表さない人が多いから、特定されないのだと思います。

強いストレスはカラダに変化がでます。

先日、私はある講演を行ったのですが、私が思うように出来なかったので、その後、夜しっかり眠れず、次の朝起きてお腹が壊れました。

幸い、私は、落ち込んで底をタッチしたら、後は復活するだけと決めているので、立ち直りは早いです。

ですが、この痛みや不調は放おっておくと、最後はうつなど深刻な状態になります。

そのバロメーターが「眠れているかどうか」だと思うんですよね。

長引く腰痛ある人が熟睡できているとは私には思えません。

うつの人の最初の症状も「眠れない」という訴えが多いんですよね。

私がぱっと見てこの人メンタル系の疾患で痛みが出ているとわかるのも、メンタル系の人のカラダの特徴がある程度あるからです。

長引く痛みが出ていて、眠れない症状がある場合、整形外科と共に、心療内科をオススメします。

私なら、派手な広告をしていない、良さげなことばかり書いていない所を探すかなぁ〜

お医者さん選びは本当に難しいと思います。

まずは、ならないことが重要。

まずは、自分でカラダを整えていきましょう。

 

■■お知らせ■■

2020年3月

ついに「ゴロ寝リセット」インストラクター養成講座開催します。

詳細はこちら

ねむりの学校 〜養成コース〜   「ゴロ寝リセット」インストラクター養成講座