筋肉の収縮には骨にも必要な○○が関与します


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/yazamaaya/yazama-aya.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/yazamaaya/yazama-aya.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

カルシウム

骨粗鬆症や骨に関すること思われると思いますが、

実は、筋肉を動かすのにもとても大切な役割をします。

 

美味しそうですね。

 

筋肉が動く時、そう伸びたり、縮んだりする時、

筋肉に存在するカルシウムイオンの濃度の変化によってコントロールされています。

 

筋肉は筋原線維と呼ばれる、束が集まってできています。

筋原線維は、「アクチン」と「ミオシン」という2種類のたんぱく質が互い違いに重なっていてスライドすることで筋肉が収縮する構造になっています。

この筋肉の収縮をコントロールするためのスイッチとなるのが、アクチンの層に存在する「トロポニン」というたんぱく質です。

脳から筋肉を収縮させる命令が神経を伝わると、筋原線維を取り囲む「筋小胞体」からカルシウムイオンが放出されます。

放出されたカルシウムイオンが、筋収縮のスイッチであるトロポニンにくっつくと筋肉が収縮するのです。

 

 

 

心臓をはじめ、すべての筋肉がスムーズに収縮することは、人間が生きていく上で不可欠なことです。

骨粗鬆症や骨にカルシウムとは一般的に知られていますが、筋肉を動かすためにも、実はカルシウムはとても大切な要素なのです。