睡眠とカラダ2 睡眠と糖尿病

「健康診断」きちんと受けていますか?という私がすっかり忘れていました。

睡眠bodyコンサルタントの
矢間あやです。

 

生活習慣病、メタボリックシンドローム予防の観点からも、日頃の自分をチェックするのはとても大切です。

しかし、健康診断が近くなったから!

と言って今まで

  • 大量に飲んでいたお酒を禁酒したり
  • 大量に食べていた甘いものを我慢したり
  • 食事を絶食にしたり。

全く運動していなかったのに、ジムでキツイトレーニングを実施したり・・・・。

これは意味がありません。

 

ちなみに、糖尿病の値をはかるHbA1c【ヘモグロビン・エーワンシー】は、過去1-2ヶ月の血糖値の平均を反映して出るデータ。

だから、直前にちょっとやっても効果ありません。

もちろん、一時的に生活を改めると、数値的データは一時的に良いものが出るかもしれません。

しかし、実際は、「身体」に負荷がかかります。

 

 

ちなみに糖尿病の人は睡眠不足を放置しては絶対にいけません。

睡眠不足が慢性化すると、空腹時血糖値が上昇し、基礎インスリン分泌能が低下するなど、2型糖尿病やメタボリックシンドロームのリスクが上昇するという調査結果が報告されています。

慢性的な睡眠不足は、体内のホルモン分泌や自律神経機能にも大きな影響を及ぼすことは、以前の記事にも書いた通りです。

例えば睡眠不足になると、食欲を抑えるホルモンであるレプチン分泌は減少し、逆に食欲を高めるホルモンであるグレリン分泌が亢進するため、食欲が増します。

私の個人的な意見ですが、糖尿病の方はグルメさんが多く、ついつい食べすぎる傾向にある人が多いです。

だから、睡眠不足で食用増進はもってのほかです。


最高の睡眠を得るための「ゴロ寝リセット」 のインストラクター養成講座 開設します!!

心身ともに健康な人を増やして1人でも多くの人が自分のやりたい事に挑戦する人を増やして欲しい。

この想いに共感し、私もその手助けをしていきたい!と本気で思ってくださる”仲間”を募集しています。

詳しくはこちら!

「ゴロ寝リセット」インストラクター養成講座

 

投稿者プロフィール

矢間あや
矢間あや
睡眠Bodyコンサルタント、理学療法士、著者

詳しいプロフィールはこちら