お布団に入ってバタンキューは眠れていないの証拠

最近、私お布団に入ってバタンキューなので睡眠は大丈夫です!
と、自信満々に言われてつっこめなかった。

こんにちは

睡眠bodyコンサルタントの矢間あやです。

お布団に入って瞬間に寝ている。

一見、睡眠良好な感じしますよね。

 

ですが、実はNG。

これ。カラダは睡眠が足りていませんよ!というサインです。

 

多分、寝ていると思っても、質が良くなかったり、自分が思っているような疲れが抜けていなかったり。

本来は意識がなくなるまで10分程度はかかり、深い睡眠に入るには30分程度の時間がかかるもの。

 

それが、バタンキューと言うことは眠くなっているにも関わらず、脳に刺激を与えて無理やり起こしているような状態を続いていると言う証拠。

だから刺激がなくなった途端にスイッチが切れたように眠り入る。

「いい睡眠」が取れているどころか、むしろ絶対的に睡眠が足りていない可能性があります。

バタンキューの人の多くが自分自身は自覚がなく、会議で眠気を感じたり、電車に乗るとすぐに眠れたりなど、昼間に眠気を引きずっていることが多いです。

 

バタンキューを自慢する前に日頃のパフォーマンスや集中力が低下した、疲労感やだるさが抜けないなどがないかチェックをして、質の良い睡眠を行うようにしていきましょう。


ねむりで人生を変えるプロジェクト

ねむりの学校 開校しました。

ねむりの学校