枕にこだわるなら、枕の当て方へフォーカス

私は基本的に寝具にこだわるより眠れるカラダに変えましょうとお伝えしています。

 

こんにちは。
睡眠bodyコンサルタントの矢間あやです。

 

よく聞かれるNO1質問としてこの「枕」問題があります。

私は自分のカラダを眠れるカラダに変えましょう。とお伝えしています。

なので、枕は好きなものをどうぞ。と思っています。

 

「ゴロ寝リセット」では約20分の間枕なしで床の上に寝ます。が!みんな爆睡します。

(眠る時間とは言っていませんが寝てもOKです)

ですが、受講者さんが仰向けで楽じゃなさそうな方にはタオルで首と頭を楽にする首枕をその場で作って入れます。

 

でね。よくよく話を聞くと、どうも枕そのものよりも、枕の当て方が違うような気がします。

枕に頭を乗せて、頭と首の間に隙間は出来ていませんか???

枕は基本的に肩の当たりまで乗せる感じでです。

どうも、頭だけ枕に乗せて枕と肩の間に隙間があいて、首が不安定な当て方をしている方が多いなぁ〜と聞いていて思いました。

まずは、今日、自分はどうやって枕に頭を乗せているのか確認してみてください。

 

 


ねむりで人生を変えるプロジェクト

ねむりの学校 開校しました。

ねむりの学校