睡眠と働き方20 笑う門には福きたる!睡眠のすゝめ

ストレス解消や健康維持には「笑うことが良い」ということは実際に科学的にも笑うことの効果は実証されています。

こんにちは。
睡眠bodyコンサルタントの矢間あやです。

簡単に「笑う」と言っても、体調不良やしっかり眠れていないと、実は「笑う」ことは難しいのです。

自分は笑っていても、心から「笑う」ことができていないため、相手にすぐにわかってしまいます。

そう、「笑う」ためにも土台となる体が出来ていないと、本当に笑うことは難しいです。

 

そして、体が出来ていないと、心も連動して凹むことが多くなります。

心と体は表裏一体。どちらだけでもダメ。

 

それを表すのが「睡眠」でもあると思います。

 

「眠れる体ができる」というのは、激しい運動ができることではなく、日常生活において快適に動ける体です。

これが出来て初めて「運動」ができると思います。

 

動ける体の人は痛みや不調の訴えがないので、心も安定しています。

眠れる事。

よく笑うためにも1つの指標になりますよ。
 


ねむりで人生を変えるプロジェクト

ねむりの学校 開校しました。

ねむりの学校

投稿者プロフィール

矢間あや
矢間あや
睡眠Bodyコンサルタント、理学療法士、著者

詳しいプロフィールはこちら