睡眠と健康経営6 眠る技術」を身につけろ!

忙しくて寝てないんだだよね〜自慢。これ、そろそろ恥かしいと思いましょう。

こんにちは。
睡眠bodyコンサルタントの矢間あやです。

「寝る間を惜しんで働く文化」の日本は、実際、世界的にみても労働時間は長くて睡眠時間は短い国。

さぞや、生産性が良いのかと思いきや、生産性はワーストクラス。

「忙しくて寝てないんだよね」という「寝る時間がないほど忙しい自慢」は、もちろん、仕事のボリュームや仕事の波でそういう時もあるとは思いますが、
「仕事出来ません!」と自分で言っているようなものだと上記のデータでも明らかになってきています。

睡眠時間がとれていない状態の時、あらゆる角度から生産性が低下することが科学的に明らかになってきているので、「寝てない自慢」はまずは、睡眠時間の確保をし、あまり大きい声で「寝てない自慢」はやめましょう。

企業としても、社員1人1人の健康こそが企業の利益に繋がってきます。
ストレスケアや食生活の改善、運動習慣の実践などに取り組まれている企業様は増えていますが、睡眠に関しても改善と実践が欠かせません。

睡眠は個人の問題と片付けるのではなく、企業が率先してマネジメントすることで、業務遂行レベルやコミュニケーションレベルなどがよりUPし、利益に繋がってきます。


ねむりで人生を変えるプロジェクト

ねむりの学校 開校しました。

ねむりの学校