睡眠と女性と子育てと1 仕事と育児の両立で大切なこと

私は決して褒められた育児はしていませんが、私の経験も踏まえて育児ママと睡眠について考えて行きたいと思います。

 

こんにちは。
睡眠bodyコンサルタントの矢間あやです。

 

8割の育児中のママは睡眠不足を実感しているそうです。

今は仕事を持つ育児ママが多いと思いますが、育休からの復職後に一番多いお悩みが仕事と育児の両立。

 

というかね。

1人の人間が
仕事も、家事も、育児も、自分のこともって。。。。

全てを完璧にやろうとしたら絶対に出来ません。

 

先日、ある投稿を拝見して驚いたのですが、

そのお家は共稼ぎご夫妻で、出産当初は、旦那さんも毎晩寝かしつけの抱っこをしていたそう。

しかし、いつの間にか夜中に子供が起きても奥さまは旦那さんを起こさず、奥さま1人で夜泣き対応。

奥さまはだんだん眠れなくなっていき、「子供と一緒にお風呂に入るのを拒否」どんどん拒否行動が目立つようになったそう。

その行動に気がついた旦那様は、夜奥さまが1人でゆっくり眠れるように対応した所、奥さまから「子供と一緒にお風呂に入りたい!」と前向きな変化が見られたそう。

この旦那様本当に奥さまや家族のことを考えていて素晴らしいと思います。

 

よく考えてみてください。

寝不足というのは人の心も壊し、カラダにも大きな負担がかかってきます。

我が子は可愛いです。

そのわが子が可愛くなく見える時。。。

 

正直に言います。

ほぼ1オペ育児だった私にも、可愛く見えなくなる時が正直にありました。

 

3時間おきの授乳、初めてだらけの育児、24時間片時も離れることがない子供、6時間以上何をやっても泣き続ける子供。。。。

寝不足に加え、育児は24時間待ったなしです。休憩はありません。

 

だから、育児と仕事の両立をしようと思うなら、とにかく睡眠を疎かにしないこと!

睡眠を疎かにすると、本当に判断力が鈍り、心が壊れていきます。

カラダもおかしくなっていきます。

 

少々家の中が汚くても、死にません。
少々洗濯物が山積みでも、誰も気にしません。

誰かに子供を見てもらって、1人の時間や昼寝をしてください。

家事を誰かにアウトソーシングして自分の休まる時間を作ってください。

 

企業の皆様、彼女達は超優秀かもしれません。

しかし、ロボットではありません。

お願いです。働き方改革というなら、彼女達のような優秀な女性が能力を発揮出来るような働き方に変更してください。

睡眠の問題を扱っていると、働き方改革に繋がると最近強く思います。

 

というか、

「女性が働きやすい職場」とか「女性のための」とか、そう言っている時点でダメな気がするのは、私だけでしょうか?

この世の中には男か女しかいないんですよ!!

 

育児ママは、とにかく人と比べず育児ママや自分の事を行いこと。

そして、質の良い睡眠を取ること!

 

家事よりも睡眠を優先して、家が散らかっていても育児ママや子どもが元気なら大丈夫。

あれもこれもと自分に課さないように手を抜くことも大切です。

ママが元気なお家は、安泰です。これは、沢山のご家庭を見てきた私だから言える1つの結論です。

 

そんなママにも簡単にできる「ゴロ寝リセット」オススメです。

 

健康な人を増やしてやりたいことに挑戦する人を増やすプロジェクト

育児ママをも元気にする!!

「ゴロ寝リセット」を一緒に伝えてくれる人を大募集しています。

詳細はこちら!

2020年2月のゴロ寝リセット1dayセミナーはこちら!


ねむりで人生を変えるプロジェクト

ねむりの学校 開校しました。

ねむりの学校

 

 


睡眠と女性と子育てと2 食事の準備のために寝不足になる???